YTMサクセスエディション発売開始

ここ最近、
メルマガ読者がどっと増えています。

その8割以上が
NBGCの参加者であり、
同じコミュニティで頑張っている
君嶋組の方々です笑

色んな方に興味を持ってもらえるのは
非常に嬉しいんですが、
プレッシャーがヤバいです・・・orz

ま~気にせず書くしかないんですけどね!

さて、YTM購入者の方が
お待ちかねにしていた
YTMサクセスエディションが
遂に発売開始しましたね。

すでに手に入れたよ!
って方も結構いらっしゃるんでは?

YTMを持っていない方のために
どんなものか簡単に説明すると、
YTMサクセスエディションとは
YTMで稼ぎまくったトップ4人が
Youtubeで稼ぐための最新手法を
教えてくれる塾のことです。

しかし、バナナデスクさんは
やっぱり売り方が上手いですね。

あ、バナナデスクさんは
YTM、YTMサクセスエディションの
販売者さんのことです。

インフォ業界的にはかなり有名な方で、
小玉さんレベルで稼いでいますからね。

小玉さんが思いっ切り
表舞台に出て行ったのに対して、
バナナさんは裏で稼ぐ方向に
シフトしていった方です。

最近ではどちらかというと
教材販売よりもプロデュースの方が
多くなってますしね。

で、今回のYTMサクセスエディション、
何が上手いと思ったか?っていうと、
これって「塾」っていう名目ですけど
実質的には「教材」なんですよね。

週に1回講義動画が送られてきて、
それに対して質問とかあれば
購入者用のフォーラムで質問する。

これってYTMとか下剋上と
変わらない形式ですよ(笑

でも、
販売前のメールや各ポイントで
「塾」っていうイメージを
購入者に埋め込むことで
違和感なく「これは塾なんだ」っていう
意識にしているんです。

するとどうなるか?
当たり前ですが教材価格を
高めに設定することが
可能になるわけです。

YTMは4万円。
YTMサクセスエディションは10万円。

もちろん、
講師4人分の報酬もあるんで
高めに設定する必要があるんでしょうが
これが教材っていう形だったら
購入をためらう人も出てくるでしょう。

ですが、
それが塾っていう形にすることで
10万っていう値段に疑問を感じなくなる、
それどころか塾なんて
20万以上するのが普通な中、
10万円なら安いじゃん!
くらいに感じる人まで出てくるわけです笑

上手いですよね。

しかも販売のかなり前から
YTM実践者の期待度を高める仕掛けも
随所に仕掛けられてますしね。

バックエンドとは
こうあるべき!って形を
見せてもらった気がします。

こういうのって
自分が情報発信する際の
セールスとかにも使えますし、
めっちゃ勉強になりますよ。

だって、
年収億を稼ぐ起業家の
本気セールスですからね。

下手な教材なんかより
何倍も「活きた教材」なわけです。

「うわ~超欲しい」って思ったら
何で自分は欲しいって思ったんだろう?
どの部分にそう思わされたんだろう?
って分析していくことで
どんどん分析力、セールス力が上がります。

商品を買うっていう視点だけじゃなく、
こういう視点も持っていくと
セールスメールも学びの場になりますよ。