続・LINEマンガから学ぶ稼ぐテクニック

LINEマンガの記事を
前回も書いたばかりなんですが
いろいろと学ぶべきことが
LINEマンガにはあるな~って思ったんで
今日もLINEマンガネタをw

LINEマンガって
有料の漫画だけじゃなくて、
いろいろなマンガを
無料で読むことが出来たりします。
「続・LINEマンガから学ぶ稼ぐテクニック」の続きを読む…

LINEマンガから学ぶライティングテクニック

最近、
LINEマンガにはまってます。

Iphone6+にしたせいもあって
マンガとか電子書籍とかが
かなり読みやすいです。

で、そんな僕が最近はまってるのが
キングダムっていうマンガです。

内容としては
中国の歴史ものマンガで、
秦の始皇帝の頃の話しです。

三国志とかの
メジャーどこじゃなくて
秦の始皇帝の時代を
チョイスするあたりが渋いですよねw

これだけ聞いたら
なんかマニアックなの読んでるな~
って感じるかもしれませんが、
内容的には読みやすいバトルもの
って感じです。

ワンピースとかに
イメージとしては近いかな。

絵柄も歴史ものって
感じじゃないですしね。
こんな感じ。

で、マンガとか見てて思うのは
「言葉」の使い方が秀逸だし
勉強になるな~ってことです。

特にキングダムは戦争ものなんで
武将の言葉とかがよく出てくるんですが
かなり力強いんですよね。

例えば、
これを見てみてください。

戦争前に兵士の士気を上げるために
武将が鼓舞するシーンなんですが、

「太古の遺物」
「大秦国の猛者ども」
「老将に引導を渡す」

どうですか。
どれもパワフルな言葉ばかりですよね。
パワフル過ぎるくらい(笑

要するに
戦争で味方の士気を上げるためには
勢いのある強い言葉が有効なわけです。

さっきのシーンのセリフが

「行くぞ!皆の者!
私たちがレンパ(武将名)を倒し
山陽の地を手に入れるぞ!」

だったら
大分印象弱いですよね。

勇ましい場面では
勇ましい言葉を使うことで
より言葉を相手に伝えれる。

ただマンガを読むだけでも
結構勉強になったりしますよね。
(とマンガを読んでた言い訳してみる)

で、こういう言葉のセンスって
Youtubeのタイトル付けとかでも
メルマガなどの情報発信でも
非常に役立ちますよね。

別にマンガだけってわけじゃなく
こういう意識でいろいろなものを見ると
目に入って来るものすべてが
ライティングの勉強になったりします。

参考にしてみてくださいね^^

では!