続・LINEマンガから学ぶ稼ぐテクニック

LINEマンガの記事を
前回も書いたばかりなんですが
いろいろと学ぶべきことが
LINEマンガにはあるな~って思ったんで
今日もLINEマンガネタをw

LINEマンガって
有料の漫画だけじゃなくて、
いろいろなマンガを
無料で読むことが出来たりします。
「続・LINEマンガから学ぶ稼ぐテクニック」の続きを読む…

LINEマンガから学ぶライティングテクニック

最近、
LINEマンガにはまってます。

Iphone6+にしたせいもあって
マンガとか電子書籍とかが
かなり読みやすいです。

で、そんな僕が最近はまってるのが
キングダムっていうマンガです。

内容としては
中国の歴史ものマンガで、
秦の始皇帝の頃の話しです。

三国志とかの
メジャーどこじゃなくて
秦の始皇帝の時代を
チョイスするあたりが渋いですよねw

これだけ聞いたら
なんかマニアックなの読んでるな~
って感じるかもしれませんが、
内容的には読みやすいバトルもの
って感じです。

ワンピースとかに
イメージとしては近いかな。

絵柄も歴史ものって
感じじゃないですしね。
こんな感じ。

で、マンガとか見てて思うのは
「言葉」の使い方が秀逸だし
勉強になるな~ってことです。

特にキングダムは戦争ものなんで
武将の言葉とかがよく出てくるんですが
かなり力強いんですよね。

例えば、
これを見てみてください。

戦争前に兵士の士気を上げるために
武将が鼓舞するシーンなんですが、

「太古の遺物」
「大秦国の猛者ども」
「老将に引導を渡す」

どうですか。
どれもパワフルな言葉ばかりですよね。
パワフル過ぎるくらい(笑

要するに
戦争で味方の士気を上げるためには
勢いのある強い言葉が有効なわけです。

さっきのシーンのセリフが

「行くぞ!皆の者!
私たちがレンパ(武将名)を倒し
山陽の地を手に入れるぞ!」

だったら
大分印象弱いですよね。

勇ましい場面では
勇ましい言葉を使うことで
より言葉を相手に伝えれる。

ただマンガを読むだけでも
結構勉強になったりしますよね。
(とマンガを読んでた言い訳してみる)

で、こういう言葉のセンスって
Youtubeのタイトル付けとかでも
メルマガなどの情報発信でも
非常に役立ちますよね。

別にマンガだけってわけじゃなく
こういう意識でいろいろなものを見ると
目に入って来るものすべてが
ライティングの勉強になったりします。

参考にしてみてくださいね^^

では!

Youtube×Google+は作りたてのチャンネルにこそ有効?

2767975617_63fb38df1b

フロントラインマーケティングの
今月号が解禁になったみたいですね。

購入している方は
既に見ているとは思うんですが、
先月の鈴木啓介さんの発表と
今月の有馬さんの発表で
Google+への関心が高まりつつありますね。
「Youtube×Google+は作りたてのチャンネルにこそ有効?」の続きを読む…

同じ教材でも視点、着眼点を変えることで学びがある

最近、めっきり寒くなってきましたね。

と言うか、
今日めっちゃ寒いです・・・。

もうコタツ出したろかな!
とか思わされるくらいに足元が寒い・・・。

そう、何を隠そう
私は末端冷え症なのです!

ま~、そんな話は
どうでもいいとしてw

最近、ステップメールを
新たに構築する為に
某教材を一から見直して
勉強直しています。

そして、思ったことは・・・
あ~、やっぱり教材って
何度も勉強してなんぼだな、
ということです。

一度勉強して終わり、じゃ
もったいなさ過ぎます。

もちろん、教材の中でも
インパクトのあった部分は
頭にしっかりと残ってますが、

その残ってる部分っていうのは
その教材を学んだ時点での
自分の知識、認識に大きく依存している、
っていうことです。

要するに1年前に学んだ教材は
1年前の自分の知識などの範囲でしか
学べていない、ということです。

1年も経っていれば
あなたの知識や実践量は
大きく伸びているはずですよね。

そうなってくると
見えてくる景色が違うので
得られるものも大きく変わってくる、
ということです。

例えば、
同じ富士山だったとしても
ふもとから見上げる富士山、
山頂から見下ろす富士山、
はたまた新幹線などから
遠目に見渡す富士山、
これらは全て違って見えますよね。

春夏秋冬でも見え方は違いますし、
その日の天候によっても
全く違った景色になります。

これらのどれが正しい、とか
どの見方が素晴らしい、とかではなく、
自分の立ち位置や環境などで
全く見えてくるものや
気付けるポイントは変わってくる、
ということですね。

で、こういうのが
教材にも言えるな、と。

例えばYTMを学ぶにしても、
最初の1回はいわゆるアウトラインを
なぞるだけで精一杯かもしれません。

が、ある程度稼げるようになり、
いろいろと試行錯誤した状態で見ると
(要するに立っている場所が変わると)
「なるほど、あんな事をしてたのか」
「こんな動画も面白いな」など
様々な気付きを得ることが
出来るはずです。

それを元に実践を重ね、
その上でもう一度見たりすると
さらに違った景色が見えるはずです。

インプットばかりで
アウトプットをしないのは
当然論外ではありますが、
アウトプットばかりで
インプットをしないのも
同じくらいにヤバいなと感じました。

最近はインプットの時間を
あまりまとめて取ってなかったですが
今後はインプットの為の時間も
ある程度確保していこうと
改めて感じました。

やはり常に勉強&実践ですね!

では!