hhbggbdj

著作権違反問題以外でも動画は削除される 注意すべき例を公開

今回は「著作権違反以外でも動画は削除される」
ということについて解説していきたいと思います。

ご存知かもしれませんが、
YouTubeでは動画削除ペナルティを
半年以内に3回喰らうとチャンネル自体が停止されます。

悪質なものと判断された場合、
ペナルティ1回でもチャンネル停止されることもありますが、
今回は関係ないのでそこに関しては割愛します。

さて、動画の削除を受けるペナルティとしては
ご存知の著作権違反通告がメジャー
でしょう。

これは実際には著作権違反をしていない場合でも
YouTubeが申告者との摩擦を避けるために動画削除をするのが現状です。

もちろん、違反申告に対して異議を唱えることも出来ますが、
余程あからさまな違反申告でない限りは
手間もリスクもありますのでしない方が無難です。

なので、動画を作る際には
著作権違反での申告を受けないような動画を作ることが
とても大事になってきます。

ちなみにこの教材内で私がお伝えする方法は
例外もあるでしょうが現時点では違反申告されたことのない手法です。

とはいえ、
当然全てのジャンルに関して、
私が実践、検証するのは無理なので、
実践の際には自己責任でおねがいしますね。

ちょっと話しが逸れてしまいました。

で、本題ですが、YouTubeで動画が削除される要因としては
著作権違反申告以外にもあります。

それは「コミュニティガイドライン違反」というものです。

これはざっくりと言ってしまうと、
「公序良俗に反するような動画はダメですよ」ってことですね。

例えば、私はアダルトチックな動画や
ケンカなどの動画をアップして
このコミュニティガイドライン違反で削除されました。

他にも個人を誹謗中傷するようなものなども対象です。

詳しくはこちらを見ていただければと思います。

Youtubeコミュニティガイドライン

微エロとか暴力系の動画は
めちゃくちゃ再生数自体は稼げるのですが、
結局動画削除を食らってしまうので
扱うのはやめた方が得策でしょう。

それ以外のジャンルでも再生数を稼げる動画はいくらでもありますしね。

ちなみにコミュニティガイドライン違反でのペナルティと
著作権違反でのペナルティは別物として扱われます。

コミュニティガイドライン違反が2つと
著作権違反が2つだと合計4つのペナルティですが、
チャンネル停止にはなりません。

まーこんな状態になるようなチャンネルは
遅かれ早かれやられてしまうとは思うので、
こうならないようにして欲しいですが・・・。

あと、これらのペナルティは
半年間、追加でペナルティを受けなければ消えます。

ただし、その半年間の間に
新たにペナルティを受けると
また半年間の謹慎期間が追加されます(苦笑

なので、1度ペナルティを受けたチャンネルは
なるべく大人しくしておいた方が賢明です。

半年経ったらまたいろいろと挑戦してみてください(笑

とはいえ、これらの知識は一応の知識で済むのがベストですね。

出来ることならこれらの知識を使わなくて済むような
チャンネル運営を心掛けていきましょう。

月に10万円稼ぐ!Youtube副業メール講座への登録はこちらから↓
Youtubeメルマガ登録はこちらからどうぞ!↓
※携帯アドレス、Hotmailのアドレスなどでは届かない可能性が高いです。
出来ればGmail、Yahooメールが推奨です。
迷惑メールボックスに入る可能性があるのでそちらもチェックしてみてください。

今、メルマガに登録すると、
「高原がYoutubeで日給3000円を達成した全て」という
4万円の教材の特典として配布していた動画コンテンツ
今だけ無料プレゼントします!

期間限定のプレゼントですので
次にあなたがこのページに来た時にはプレゼントは終了している可能性が高いです。

興味があるのなら今すぐメルマガ登録してゲットしておいてくださいね^^
メルマガはいつでも解除出来ますが、
このプレゼント動画はいつまでもは手に入りません
からね。

Youtubeメルマガ登録はこちらからどうぞ!↓
※携帯アドレス、Hotmailのアドレスなどでは届かない可能性が高いです。
出来ればGmail、Yahooメールが推奨です。
迷惑メールボックスに入る可能性があるのでそちらもチェックしてみてください。