hhbggbdj

VimeoとYoutubeの方向性 Vimeoの生き残りをかけた差別化戦略

以前、Vimeoの話題を出したんですが、

VimeoがYoutubeに代わり無料オファーで使われ始めた理由

実際にVimeoを使ってみたので
感想を書こうと思います。

ま~、僕の場合は、
教材や特典用のコンテンツの動画を
YoutubeからVimeoに変えたってだけです。

なので、
Vimeoを使った稼ぎの仕組み、とか
そういうところではないんですけどね。

結論、今後の動画コンテンツは
全てVimeoで提供しようと思いました。

現時点のYoutubeとでは
圧倒的に使い勝手が違います。
Vimeoが断然上だと感じました。
(自分のコンテンツを限られた人にだけ提供する場合は、ですが)

ま~ここらへんに関しては
YoutubeとVimeoでは
プラットフォームとしての
立ち位置の違い
があるんで
当然といえば当然でしょうけどね。

Youtubeはテレビメディア的なところを
目指しているのに対し、
Vimeoは映像クリエイター向けに
特化した方向性を打ち出してます。

Youtubeはとにかくすべてのアクセスを
Youtube内に集めてそこで循環させる。
そして、Youtubeというサイトへの
滞在時間を増やす
、っていうのを
目指しているのに対し、

Vimeoはクリエイターの動画から
無駄にVimeo側にアクセスを流さない、
要するにクリエイターの動画を
尊重する
、って感じです。

Youtubeが美術館なら
Vimeoは個展って感じ。
言いたいこと伝わるかなw

で、だからこそ、
マネタイズの方向性も違ってて、

Youtubeは思いっきり広告収入を
軸にしている
のに対し、
Vimeoはクリエイター側へ
提供する動画インフラに課金する

っていう形式ですね。

この住み分けは面白いな~、と。

Youtubeがこれだけ突き抜けて
大きくなってしまった以上、
同じ土俵で戦うのは得策じゃないですもんね。

だから、クリエイターよりの
プラットフォームになっていったのかは分かりませんが、
差別化としては非常に上手いと思います。

両者で需要が違うので
食い合いになることも少なそうですしね。

とにもかくにも、
これから教育用の動画コンテンツ配信は
どんどんVimeoを使う人が増えていくでしょう。

有料版であるVimeo Plusは
年額6000円くらい掛かりますが、
それを補ってあまりあるくらいの
メリットを感じましたしね。

というか、
無料版を使うならYoutubeとさほど差はないので
あまりVimeoを使う意味は無いです。

ということで、
あなたもコンテンツ配信をしているなら
ぜひVimeo(有料版)を使ってみてください。

では!

月に10万円稼ぐ!Youtube副業メール講座への登録はこちらから↓
Youtubeメルマガ登録はこちらからどうぞ!↓
※携帯アドレス、Hotmailのアドレスなどでは届かない可能性が高いです。
出来ればGmail、Yahooメールが推奨です。
迷惑メールボックスに入る可能性があるのでそちらもチェックしてみてください。

今、メルマガに登録すると、
「高原がYoutubeで日給3000円を達成した全て」という
4万円の教材の特典として配布していた動画コンテンツ
今だけ無料プレゼントします!

期間限定のプレゼントですので
次にあなたがこのページに来た時にはプレゼントは終了している可能性が高いです。

興味があるのなら今すぐメルマガ登録してゲットしておいてくださいね^^
メルマガはいつでも解除出来ますが、
このプレゼント動画はいつまでもは手に入りません
からね。

Youtubeメルマガ登録はこちらからどうぞ!↓
※携帯アドレス、Hotmailのアドレスなどでは届かない可能性が高いです。
出来ればGmail、Yahooメールが推奨です。
迷惑メールボックスに入る可能性があるのでそちらもチェックしてみてください。